「サシ飲みセックスアリジゴク」をホンネで評価

サシ飲みセックスアリジゴク Saiをホンネで評価します。

 

このページではSai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」の内容や効果について
ホンネで評価していきたいと思います。

 

 

 

「アルコールの力を借りてセックスするなんて、オレは邪道だと思うなぁ」…

 

そんな声も聞こえてきそうな気はしますが、それはそれでひとつの考え方。

 

 

ただ、ここで確認しておきたいことは
「サシ飲みセックスアリジゴク」のワザは、決して「アルコールの力だけ」で
女の子を酔いに任せてヤッちゃえ、というものではないということです。

 

グラスで乾杯

 

もし、その程度のことであればノウハウなんて必要ありませんよね?

 

「とにかく無理やり飲ませて」「ベロベロに泥酔させて」
「意識がないうちにヤれ」、この程度の話になっちゃうわけです。

 

ただし、それは「強制性交罪」(旧:強姦罪)
もしくは「準強制性交罪」という立派な犯罪になりますから
前科者になるのを覚悟の上で、虚しいセックスに及ぶことになります。

 

万一犯罪にならなかったとしても、その女性とは二度と顔を合わせることすら
難しい状況になってしまうでしょうね。

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」のすごさは、

 

アルコールの力を借りて

 

●知り合いレベルで、恋愛感情はない。
●友達だけど、エッチの対象にはみられていない

 

つまり、あなたと「エッチする理由がない」「エッチするつもりのない」女性と
なぜかエッチできてしまうという、ゾクゾクような非常に「戦略的」なマニュアルに仕上がっている点にあります。

 

 

 

女性は、男のように「なんとなくセックスしてしまう」ということはほとんどありません。
理由のないセックスは、まずありえないんですね。

 

意識のないうちに・・・

その大きな壁になっているのが、女性の「理性」です。

 

●ただの友達だから。
●まだ知り合ったばかりだから。
●そんなに軽い女じゃないから。
●自分には彼氏がいるから。

 

こうした「理性」がハードルになって、
我々のスケベ心は跳ね返されてしまうわけです。

 

しかし、ここにうまく、
戦略的にアルコールの力を取り入れることによって

 

●女の子の理性のハードルを取り払って
●性欲を引きづり出してムラムラさせて
●「この人とエッチしてもいいんじゃないか」と思わせる。

 

股間

つまりアルコールを使って、知らず知らず彼女の中に
「体を許してもいい」という思い込みを植え付けてしまうテクニックなんです。

 

このマニュアルには、おそらく誰も考えたことがないような
「目からウロコ」のえげつないテクニックがゴロゴロ書かれています。

 

それを全部理論的に書き上げたSai氏は、さすがのプロフェッショナルです。

 

 

こうなると、
一緒にお酒を飲むことさえ出来れば、もうセックスできたも同然」
という自信満々のレベルにもっていけるのが恐ろしい(笑)。もう、ほぼ無敵。

 

どんな女のコとも、いつでもセックスできるというのは、
つくづく「戦略」がなければ無理なことだと痛感しました。

 

 

バスタオル ベッド上

 

もしあなたが・・・

身近に、アルコールの力を借りてでもエッチしたいオンナのコがいる。
ときどき一緒にお酒を飲むけど、セックスまでは持ち込めない女性がいる。
自分なりに、女の子と確実にエッチできる成功(性交)パターンをもっていたい。

と感じているなら、きっと手にして損のないマニュアルだと思います。

 

セフレを量産する?
その中から、本当の彼女を見つける?

 

読めばウズウズして、必ず試してみたくなるはずです。

 

 

 

 

 

「酔った勢いでのセックス」を成功させる「心理学に基づいた」会話テクニック教材

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」の内容自体は、
女性と楽しい雰囲気でお酒を飲みつつセックスに誘導するという、決して犯罪的な内容ではないのですが
それでもやはり、使い方を間違えたり勘違いしたりすると危険も伴うため、
念のために注意点についても触れておきたいと思います。

 

酔った勢いで女性をセックスに誘い込む…

 

それは「無理やりセックスする」ということを意味していません。
心理的・物理的に女性を抵抗できない状態にしてセックスすることは「準強制性交罪」という犯罪に問われる可能性があります。

 

「そんな犯罪的なマニュアルを販売していて大丈夫なのか!?」と不信感を抱く方がいるかもしれませんが、
Sai氏は「サシ飲みセックスアリジゴク」をそういう意図で書いているわけではありません。

 

【準強制性交罪(旧:準強姦罪)とは?】・・・法律専門家のサイトから引用します。
準強制性交罪は,心神喪失又は抗拒不能の状態の女性を姦淫した場合に成立します。

では,「心神喪失」「抗拒不能」とはどういう意味でしょうか。 「心神喪失」とは精神的な障害によって正常な判断力を失った状態のことを, 「抗拒不能」とは心理的または物理的に抵抗ができない状態のことをいいます。 つまり,抵抗することが不可能又は極めて困難な状態にある女性を姦淫した場合に,準強制性交罪が成立することになります。実際の事件では,睡眠中や酩酊状態の女性が, 被害者となることが多くあります。

 

「心神喪失」「抗拒不能」=抵抗することが不可能又は極めて困難な状態
では,夜通し居酒屋などでウーロンハイや焼酎を数杯飲み, 飲酒と眠気の影響により判断力が低下した状態の女性と,明け方に性交した場合,準強制性交罪は成立するでしょうか。 酩酊状態であったか,睡眠状態であったか,ということだけがポイントではなく, あくまでも 抵抗することが不可能又は極めて困難な状態であったかどうかがポイントとなります。 そして,そのような状態であったかどうかは,被害者の性交前後の行動から推察されます。

 

最後の一文を見てください。

酩酊状態であったか,睡眠状態であったか,ということだけがポイントではなく, あくまでも 抵抗することが不可能又は極めて困難な状態であったかどうかがポイントとなります。 そして,そのような状態であったかどうかは,被害者の性交前後の行動から推察されます。

 

つまり、女性のセックス前の行動が「この人とエッチしてもいいかな」と思わせるものであり、
セックス後も「この人とセックスしたことを後悔していない」という状況でさえあれば問題ないことになります。

 

少し、ざっくりとした言い方になってしまいますが
この教材は決して「強姦を勧める」ものではなく
「女性も納得してしまう」サシ飲みセックスの方法を非常に細やかに解説したマニュアルなんです。

 

楽しいサシ飲み

 

そのためのポイントは

・サシ飲みで女性にどれだけ楽しい時間をプレゼントできるか。
・いかに「この人好きかも」「この人とならエッチしてもいいかも」と思わせるか。
・実際にエッチで満足させて「またこの人とセックスしたい」と思わせることができるか。

ということになります。

 

もし、これらのポイントで女性から良い印象を得られなかった場合…

 

つまり

・一緒にサシ飲みしても、ちっとも楽しくなかった
・ちっとも男性としての魅力を感じなかったし、エッチなんてありえない人
・セックスが下手くそで全然気持ちよくなかった。二度としたくない

といった評価を受けてしまったとしたら
「私はそんなつもりじゃなかったのに無理矢理セックスされてしまった」というネガティブな感情を抱かせることになりますから
「サシ飲みセックスアリジゴク」の手法をきっちり身につけておく必要があるわけですね。

 

Sai氏も言っていますが、最大のポイントは「この人とならいいかな」と思わせること。
これさえあれば、少なくとも犯罪者扱いされることも訴えられることもまずありえません。

 

そういう意味では、決して女性に媚びる訳ではありませんが
お酒の力を借りつつ女性にとって居心地の良い環境をつくることが大切になってくるんですね。

 

くり返しになりますが、女性に「この人とセックスしたくなかった」と感じさせてはいけないからです。

 

こういうと、やたらハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、
そのハードルを下げるためにあるのが「サシ飲みセックスアリジゴク」ですからね。

 

つまり、「この人とならセックスしてもいいかな」と思わせて、
シラフの時ならエッチ直行はないかもしれないけれど、
お酒の力で彼女のムラムラを増幅させて、そのままベッドに誘い込む、ということです。

 

女性とサシ飲みできる環境があったり、サシ飲みできる友達関係の女性がいるのならば、
このマニュアルを「アルコールでセックスを誘発するバイブル」として持っておいて損はないと感じました。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

 

 

当サイト経由で「サシ飲みセックスアリジゴク」をお申込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

クンニ教材 潮吹き教材

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

VIP特典

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みする