Saiの「サシ飲みセックスアリジゴク」を買ってネタバレ公開!評価や口コミもチェックしてください。

 

 

気にいった女性がいたら、ひとまずセックスしてみるという選択肢。

 

 

サシ飲みセックス

「一緒に飲んでただけなのに、どうして私、こうなっちゃったんだろう…」

 

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」を購入しました。

 

 

テキスト表紙

気になる女性とは、とりあえず「サシ飲み」して、
片っ端からセックスする、という明快なコンセプト。

 

 

それだけでもかなりハッピーだけれど、

 

その中から、最高に気に入った女性を
自分の彼女にすることができればさらにハッピー、ですよね?

 

しかも、女性をだましたり、
女性から恨まれるようなことが絶対にない方法とは?

 

※タイトルはちょっとおフザケ気味だけど、
とても論理的、実践的、今夜さっそく試してみたくなる、
「サシ飲みセックス」量産マニュアルです。

 

 

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

当サイトでは、メディア出演などでも有名なプロのナンパ師、Sai氏が公開した恋愛マニュアル
「サシ飲みセックスアリジゴク」を実際に購入して、その内容や方法・効果などについて
出来る限りくわしくお伝えしていきます。

 

男にとって
「身近にいるオンナ友達と片っ端からセックスしてみたい」
・・・というのは本能的な欲望ですよね。

ピンクの下着の女性

 

 

その欲望を現実にして、セフレの量産はもちろんのこと
自分にとって最良のパートナーを見つけることも可能・・・という
虫のよすぎるコンセプトで作られたこのマニュアル。

 

果たして、あなたにとって本当に必要なものなのか、
もう数分だけこの先を読み進めてみてくださいね。

 

 

 

 

特別なプレゼントをご用意しています。

 

現在有料で販売中の人気教材を含むVIP特典をプレゼントさせていただきます。

 

VIP特典を確認する

 

 

 

※目次に戻りたい場合は、パソコンやスマホの「戻るボタン」を押してください。

 

 

公式サイトをすぐに確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

サシ飲みセックスアリジゴクってどんなマニュアルなのか?

 

「酔わせて、ヤっちゃう」・・・そんな男の願望を

 

理論的に突き詰めた唯一のマニュアルです。

 

 

 

【教材の概要】 マニュアル本編 293ページ

 

※マニュアルの一部。丁寧に作りこまれています。

 

テキストの一部

 

 

「サシ飲みセックス」が使えるシチュエーションは無限かもしれません。

 

居酒屋デート

 

男女のコミュニケーションの中で「夕食を一緒に食べる」「ちょっと軽く飲む」という機会は
それこそ数えきれないほど発生する可能性がありますよね。

 

別にモテモテ男子じゃなかったとしても、また、ふたりの関係がどのようなものであっても
わりと普通に起こりうるシチュエーションだと思います。

 

・合コンでうまく連絡先をゲットできた女の子と再会、とか
・お見合いパーティーでいい感じになった女の子と約束した、とか
・友達から紹介してもらった女の子と初めて会う、とか
・普通に友達として接している女性と「ちょっと飲む?」とか、
・会社の同僚や後輩のOLさんと「メシでも一緒に食う?」とか、
・取引先の気になる女性を食事に誘ってみた、とか、
・何かの宴会の帰りに、ふとした流れで「もう一軒飲んでく?」とか、
・同窓会で再会した、かつての憧れのコと「もう少し話がしたいな」とか、
・後輩に相談事や悩みを持ちかけられて「じゃ、ごはんでも食いながら」とか、
・近所の祭りや催しの打ち上げから、気に入った人妻をもう一軒誘ってみる、とか・・・

 

考え出したらキリがないほど、「食事&お酒」というチャンスは、
自分で作ることも、勝手に出来上がっちゃうことも多々あるわけです。

 

つまり、「サシ飲み→セックス」というノウハウを身につけておいたとすると
それを活用できる機会も無限に広がることも意味しています。

 

そもそも、食事に付き合ってくれるという時点で
少なくとも「キライ」「気持ちワルイ」「生理的にダメ」とは思われてないんですから(笑)

 

例えば「遊園地に行く」「ドライブする」「映画を見に行く」というのは、
デート感が強いイベントなので、女性を誘うのにそれなりのハードルの高さを感じますが、
「夕食&お酒」はもっとライトな感覚で二人だけの空間を作れますよね。

脱がせたらどんな感じ

 

知り合い、友達程度のオンナの子でも
「このコ、脱がせたらどんな感じかな」
「このコのアソコってどんなふうただろう」
「このコ、どんな喘ぎ声を出すのかな」
なんて、妄想が走る時はありますよね。

 

そんな時に、妄想を最速で実現させるテクニックとして公開されたのが
Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」なんですね。

 

 

ノウハウ提供者・Sai

 

決して女性をだましたり、悲しませたりしないのがモットー。
女性から恨みに思われたり、軽蔑されたりもしない・・・
それどころか、女性を喜ばせ、本当に好かれるノウハウをリリースしている本物のプロ。

 

だめんず・うぉーかー

彼の公開するノウハウは、
ごく初歩的な心理学を聞きかじって、
それを大げさに書き綴ったような
「机上の空論」マニュアルではありません。

 

倉田真由美さんのマンガ
『だめんず・うぉーかー』にたびたび出現していた
プロのネットナンパ師、Sai氏が長年にわたって実践し
今現在も使っているホンモノのテクニックを記した
「実用書」です。

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みセックスする

 

 

 

 

●最高の女性を自分のモノにできる可能性?

 

 

たいていの男女関係の場合、「いいな」と思った女性をなんとか口説いて
何度もデートに誘って、何度も食事をおごったり、プレゼントしたり・・・
少しずつ距離を縮めて、好意を持ってもらったうえでようやくセックスすることを許される・・・

 

こういうのが通常パターンですよね。

 

バストへのタッチ

でも、そこまでたどり着ければかなりラッキーなケース。

 

多くの場合は、セックスにたどり着く前にフラれてしまったり
自然消滅してしまったり。

 

運よくベッドを共にすることができたとしても
意外にエッチの相性が悪くてガッカリさせられたり、
補正下着でごまかされていた、女性の本当の体型にアゼンとしたり・・・

 

こんなこと、何度も繰り返していたら、
時間もカネもどれだけ浪費することになるでしょうか?

 

つまり、「ちゃんと付き合ってから⇒セックス」というのは
ものすごく効率が悪いし、最高の彼女を手に入れられる確率はものすごく低いことがわかります。

 

一方、Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」は、
気に入った女性がいたら、ひとまずサシ飲みに誘ってそのままセックス。

 

好きなだけそれをくり返して、その中から本当に気に入った女性を彼女(セフレ)にすればいいという
なんともムシのいい、効率的なノウハウなんですね。

 

しかし、そんな都合のいい話って本当にあるんでしょうか?

 

 

 

●オンナのコがセックスする理由

 

 

下着姿

我々オトコの場合、女性とセックスしたいと思う理由は単純ですよね?

 

「好きだから」
「いい女だから」・・・

 

まぁ、それもあるんでしょうが、
ホンネを言ってしまえばそうじゃないですよね?

 

実際にはもっと基準がユルくて
大して興味のない女性に対しても

 

「キライなコじゃない」 & 「やれそうなシチュエーション」
という条件がそろえば、ぶっちゃけエッチしちゃいますよね(笑)?

 

オトコってそんなものです。

 

 

一方、女性の方はどうかといえば
基本的に「理由のないセックスは受け入れられない」のが大前提です。

 

オトコのように「キライじゃない」程度でセックスに走ることはまずないわけですね。

 

まず、一番は「好きだから」とか「異性として魅力を感じたから」「尊敬できるから」
という理由があげられるでしょうし、

 

もう少し打算的なら「お金を持ってるから」「イケメンだから」「人肌恋しかったから」
なんていう理由の場合もあるかもしれません。

 

若い女性

いずれにしても、
好きになってもらったり、魅力を感じてもらったり、お金を持ってたり
イケメンだったり、たまたま人恋しい時にそばにいたり・・・
という条件に当てはまらなければ
我々がセックスを許される可能性はすごく低いということになります。

 

これじゃあ、人生のうちに何回そういうチャンスに巡り合えるかわかりませんし、
自分にとって最高の彼女(セフレ)を得られる確率なんて
ものすごく低いと思いませんか?

 

でも・・・

 

たったひとつだけ、女性が大した理由なく
オトコに自分の身体を開いてしまう時があるのです。

 

それが・・・

 

 

●「酔っていたから・・・」という最大の言い訳

 

 

酔った勢いで、コレといった理由がほとんどないのに
男に抱かれてしまう女性というのは、やはり「少なくない!」のです。

 

 

ほろ酔いの女性

それは、

 

『私は「誰とでもセックスをするような、イイ加減な女」じゃあないの。
あのときは私もちょっと酔っぱらってたから、たまたましちゃったの。
私は悪くないの、お酒がいけないから、仕方ないよね・・・。』

 

という、理由にもならないような理由(笑)が
女性たちの中で成り立ってしまうからなんですね。

 

このマニュアルのメインテーマである
「お酒を飲むとセックスがしたくなる」という女性がいるように、
お酒そのものにも催淫効果があります。

 

冷静に考えて、お酒以上に効果の高い媚薬はありませんよね。

 

仮にあったとしても、それはちょっと強力すぎて、
素人が欲望に任せて、こっそり飲ませて良いものではないし、
相手の命に係わったり、そもそも犯罪行為であったりします。

 

たまに「媚薬のレシピ」みたいなものが出回っていますが、ああいうものはまず効果がありません、
当然ですが。

 

お酒でさえ、人によっては体質に合わず、
ちょっと飲んだだけで気持ち悪くなったり、眠っちゃったりする女性もいますからね。

 

念のためお伝えしておきますが、「サシ飲みセックスアリジゴク」でも
飲ませ過ぎることを推奨しているわけではありません。

 

もちろん、女の子の体を気遣って「良くない」ということもあるのですが、
単純に、「サシ飲みセックスアリジゴク」のテーマである『性欲』という観点から見てもよくないことなんです。

 

連れ込み

男女ともにそうですが、
性欲がピークになるのは「ほろ酔い」の状態です。

 

男だって飲み過ぎると肝心な時に使い物にならなくなりしますもんね。
そして女性も、飲み過ぎると「エッチな気分」どころではなくなります。

 

なんでもかんでも無理やり飲ませて、泥酔させて、連れ込んで、とか、
そういうゲスな方法を伝授しているわけではありません。

 

泥酔させて意識もないままに連れ込んではいけませんからね。

 

お酒を飲ませる目的は、ホロ酔い気分、
お酒を飲んでて「気持ちイイ」と感じる領域にして『性欲』を高めることにあります。

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」は、ここに狙いを定めて・・・

 

酔った勢いで、「お酒がいけないの」という女性たちと次々にエッチになだれ込む、
悪魔のようなしかし、ものすごく効率の良いセックスノウハウなんですね。

 

しかも、女性側にも「酔っていたから」という負い目があるので
オトコに対して恨みや憎しみを持つこともほとんどありませんから
我々オトコ側にとっても、ものすごく都合がいいわけです。

 

で、女性というのは、どんな理由であれ、
一度セックスをしてしまったオトコに対しては

 

「一度だけのセックスで捨てられた」と思いたくないために
むしろズルズルとその男との関係を続けてしまうという習性もあるんですね。

 

 

上半身裸

 

つまり、簡単に「セフレ化」してしまうんです。

 

なので、恋愛感情がなかろうと、とにかく何かの拍子(酒の勢い)で
一度セックスに持ち込んでしまう事が大切!

 

ひどい話といえばひどい話なんですが、ホンネでぶっちゃけ話をすれば
これが、安定したセフレを作るための一番の方法だったりするワケです。

 

オトコは、そのまま「セフレ」としての関係を続けることもできますし
その中から、本当に最愛の女性を見つけることが出来たなら
しっかりと自分の彼女、パートナーにすることもできるわけです。

 

 

つまり、

 

飲ませ方、酔わせ方、セックスへの持ち込み方を理解している
…そんなオトコは、セックスフレンドの量産やキープがとてもラクになりますし、

 

★ アルコールテクニックを極めたら、男子はほぼどんな女子とでもセックスできる。
★ 自分にとって最高の彼女を見つけられる可能性が非常に高いのが「サシ飲みセックス」。

 

というわけです!

 

 

●でも・・・

 

■ 本当に「サシ飲みから、即セックス」なんて可能なんだろうか?

 

■ そもそも、女性をサシ飲みに誘う方法がよく分からないよ?

 

■ なんとか誘えたとしても、彼女が酒をまったく飲まない人だったらどうするのよ?

 

矢印

 

こうした疑問にSai氏どこまで答えてくれるのか?
次のパートで詳しく見ていきましょう。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

サシ飲みセックスアリジゴク【教材の概要】をまとめます。

 

このパートではこのマニュアルの概要をまとめてお伝えしていきます。

 

居酒屋デート

 

■ 本当に「サシ飲みから、即セックス」なんて可能なんだろうか?

 

■ そもそも、女性をサシ飲みに誘う方法がよく分からないよ?

 

■ なんとか誘えたとしても、彼女が酒をまったく飲まない人だったらどうするのよ?

 

こうした疑問にSai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」は本当に応えているのか?

 

このページでは、このマニュアルの概要について伝えしていきます

 

 

 

 

酔っぱらっちゃった

 

【概要】「サシ飲みセックスアリジゴク」とは、どんなノウハウなのか?

 

 

人は酔っぱらうと、自分の欲望に忠実な行動をとるようになります。

 

だから、ぶっちゃけ、女性たちも酔えばセックスしたくなるものなんですね。

 

つまり、「女の子はお酒を飲むと何となくエッチな気持ちになる」というのはホントの話で、
シラフの女性よりも酔っぱらってる状態の女性の方がセックスに持ち込みやすいというのは
全く否定のできない真実というワケです。

 

 

乾杯

でも、相手が酔っているからといって
「それじゃあ、これからセックスしましょうか」なんて誘っても、
普通の女性なら簡単にOKするはずがありません。

 

「酔っぱらった女性はセックスに持ち込みやすい」…とはいうものの、
それじゃあドンドンお酒を飲ませて酔っぱらわせてしまえばOKかというと、
そんな簡単な話ではないんですね。

 

例えば、急いで酔わせようとひたすらお酒を勧めたとしても、
彼女が飲んでくれるとは限りませんし、
無理やり飲ませようとして下心がバレバレになってしまい
楽しく酔うどころか、サイテー男として嫌われるハメになってしまうかもしれません。

 

仮に酔っぱらったとしても、
女子だって誰とでもセックスするワケじゃありませんから、
「あなたとはナイ!」って言われるかもしれません。

 

ましてや、泥酔させて意識のないままに無理やりエッチしてしまえば
完全に「強姦(強制性交)」ですから、警察ざたになることだって現実にありえます。

 

つまり、サシ飲みから女性をセックスに持ち込むためには
女性にどういうアプローチをすれば良いかというのが、とても重要なポイントになってきます。

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」の方法は、

 

寛ぐ女性

 

女性が、サシ飲みしているうちに、

 

「ノリが良くなって」
「男性からのエッチの誘いを断るべきかの判断が効きにくくて」
「なんだかエッチしたいムラムラした状態」

 

になるように、全ての流れが作られています。

 

 

 

具体的には、

「楽しく盛り上げて」⇒「性欲を沸き起こさせて」⇒「スマートにエッチに誘う」

という行動ですね。

 

 

酔った勢いで・・・

だから、「無理やり犯す」「犯された」というような話でなく、

 

さも、自分からサシ飲みに行きたくなったかのように錯覚させ、
さも、自分からすすんでお酒を飲んでしまったかのように錯覚させ、
さも、自分からセックスを望んだかのように錯覚させ、

 

その日のうちに身体を許させてしまう、
まさに「アリジゴク」理論が書かれているんです!

 

 

 

 

 

「酔った勢いエッチ」の流れを完全に学ぶために、

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」では、

 

2つの段階に分けて「酔った勢いエッチ」を発生させるための方法が解説されています。

 

 

サシ飲みセックスアリジゴク全体構成図

 

 

●第1段階 「誰も教えてくれないチョイ悪男子のお酒学」

 

無理やり飲ませているわけでもないのに、女性が知らないうちに気分よく酔っぱらってしまい
ついつい、普段の思考回路が鈍ってしまうような「お酒」のテクニックを具体的に解説してくれます。
なるほど、これなら女のコは、自分の意志でグイグイ飲んじゃうはずですよ。

 

●第2段階 「ヤリ目サシ飲み完全攻略フローチャート」

 

酔って、なんとなくその気になっている女性を、どうやって「二人きりの場所」へ誘導するのか、
そして、どんなテクニックで「即日エッチ」を彼女が望むように仕掛け、カラダを開かせるのか・・・
憎らしいほどの戦略がここに明かされています。
これならたった一度のエッチでなく、ずるずるとセフレ化したり、
ホンモノの彼女にすることだってできるはずですね。

 

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

サシ飲みセックスアリジゴクの【内容と方法】とは?

 

では、このマニュアルの内容や方法をくわしく暴露・公開していきます。

 

二つの段階

 

マニュアルの中では、二つの段階に分けて

 

「酔った勢いエッチ」を発生させるための方法が解説されています。

 

■第一段階「誰も教えてくれないチョイ悪男子のお酒学」
■第二段階「ヤリ目サシ飲み完全攻略フローチャート」

 

となっています。

 

 

●第1段階 酒に関する知識と店選び
「誰も教えてくれないチョイ悪男子のお酒学」

 

 

女性と二人きりで飲む機会を作るのであれば
オトコとして絶対に知っておかなければ損をする、お酒に関する大事な知識がかかれています。

 

乾杯シーン

 

すでにお伝えしましたが、
この教材のノウハウは、女性に「酔ってたからエッチしちゃった」
「酔った勢いだから仕方なかったの」というセックスのチャンスを自在に生み出そうというもの。

 

世の中に、正統派の「アルコール&セックス」の理論がほとんど出回っていないのは
ぶっちゃけ「アルコールテクニックを極めたら、オトコはほぼ、どんな女性とでもセックスできちゃう」
という、強烈すぎる破壊力を持っているからなんですね。

 

言い方を変えれば「それを知っているオトコに近づかれたら、ほぼどんな女性でも股を開いちゃうから」です。

 

 

その分だけ「絶対に悪用しない」という意志だけは固めておく必要がありそうですね。

 

 

 

「二人きりになる」というシーンに持ち込むために、いかに女性にお酒を飲ませるか・・・

 

これは、何の作戦もなく、ひたすら無理やり飲ませようとしたところで
女性側の警戒心をあおることになるばかりですから、絶対に成功することはありませんよね。

 

肩にもたれかかって

女性に気持ちよく、たっぷり飲んでもらって、
正常な判断が少し鈍るくらいに酔っぱらってもらう、

 

そのために絶対必要なのは以下の3つのポイントです。

 

「飲む場所と時間のメド」
「十分に好感度を上げておく」
「十分に酔わせる」

 

特に、あなたの好感度を充分に高めて、
飲んだアルコールの量以上に女性を酔わせてしまう「5つの隠し武器」は、
必ず知っておきたい秘密のテクニックですね。

 

またこの「飲み」の場で一番重要なのは、「相手のペースとリズムを乱すこと」。
つまり「女性に自分のペースで飲ませない」というのが重要なミッションとなります。
「女性のペースを乱す」ために、重要な「7つの悪魔のカギ」も具体的に解説されています。

 

飲ませやすくて、酔わせやすいアルコールの種類とはどんなものなのか?

 

「私、ウーロン茶」という、女性のノンアルコール宣言を完璧に崩して
思う存分お酒を飲ませてしまう禁断のテクニックとは?

 

飲んだその日のうちに女の子とのエッチが発生してしまう確率を底上げするための
ちょっとしたお店探しの方法など、今夜から使えるノウハウが満載です。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

 

 

 

●第2段階 女子をサシ飲みに誘ってから
当日にセックスに持ち込むまでの一連のアクションを詳しく説明している
「ヤリ目サシ飲み完全攻略フローチャート」

 

 

難しくなりそうな一連の流れを
きちんと「フローチャート」(流れ図)にまとめてくれているのがポイント高いですね!

 

 

「ヤリ目完全攻略フローチャート」

 

 

シーン1:女子を飲みに誘う
シーン2:予約を入れて女子と合流する
シーン3:酔わせつつエッチOKの男子と認めさせる
シーン4:店を出て二人きりの場所へ連れ込む
シーン5:女子にセックスを意識させながら淫らな気持ちに誘導する

 

 

 

では、各シーンの内容を見ていきましょう。

 

シーン1:女子を飲みに誘う

 

メールで誘う

いかにスマートに女性を飲みに呼び出すか、という最初の関門です。

 

あなたが気に入っている女の子を「飲みに行こうよ!」と誘ったとしても、
まだそれほど仲良くなっていない相手だと、
「みんなと一緒ならイイよ」なんて軽くかわされた覚えが
あなたにもあるかもしれません。

 

気になる女性をどう誘えば、快く誘いにOKをしてくれるのかなぁ、
と思ったあなたは、この章のノウハウをしっかり身につけてみてくださいね。

 

ぶっちゃけ、相手の女性があなたにそこまで魅力を感じていなかったり、
まったく男性として意識されていなかったとしても心配はいりません。

 

ここで紹介されているのは、一時的にあなたの価値・魅力を水増ししてしまう
ちょっぴりかしこズルい方法なんです!

 

個人的にいいな!と思ったのは
彼氏持ちの女性や人妻など、すでに特定のパートナーがいる女性を
サシ飲みに誘う方法までしっかり伝授されている点です。

 

 

シーン2:予約を入れて女子と合流する

 

 

女子から二人で飲むことにOKをもらった後に、必要となる行動について詳しく説明されています。

 

サシ飲みスタート

実はお酒を飲み始める前から戦略はとっくに始まっていて、
この段階でいろんな仕掛けを用意しておくと、
「酔った勢いエッチ」の発生する確率を
ぐーんとアップさせておくことができるんですね。

 

女性と合流したとたんに彼女の緊張を解いて 
彼女の心の中まで入りこむ2つの洗脳行動・・・

 

やってそうで、あまり誰もやってない2つの行動をとることで

 

● 女性の中でのあなたに対する親近感や好意がアップする
● 飲んでる時に、くっつくほど近くに座っても嫌がらなくなる
● 飲んでる最中のスキンシップを嫌がらなくなる

 

という、いろんな効果があるんですね。

 

 

その他にも

 

● 女子がイイ気分&男性としてあなたを意識しだすプチ魔法
● 着席前にすでにあなたを好きになる下地を作る二大儀式
● チャラ男疑惑を回避して逆に好感度を上げるトーク雛型

 

と、すぐに応用できる、実用的なワザが盛りだくさんです!

 

 

 

シーン3:酔わせつつエッチOKの男子と認めさせる

 

二人でお酒を飲んでいるときに必要なアクションについて詳しく説明されています。

 

もちろん、ここが「飲み⇒セックス」を発生させるために最も重要なポイントで、
酔った勢いエッチを発生させるためにもっともいろんな工夫をしておくべき部分です

 

 

ほろ酔い

女性と二人でお酒を飲んでもイイ人止まりとか、
淡々と食事が終わって食事代だけおごらされて終わってしまう、
なんていう苦い経験があなたにあるとしたら・・・

 

この章のノウハウはすぐに使えて効果を発揮してくれるはず。

 

具体的には、以下のようなテクニックが非常に分かりやすく伝授されます。

 

すべての行動は、
Sai氏の得意とする「会話例のテンプレート」でも解説されていますから

 

この会話例をそのままパクって使うだけでも、
かなり強力な武器になってくれるはずです。

 

 

胸元

● サシ飲み冒頭でぶちかます、早酔いを呼ぶ非常識行動

 

● 女子が飲酒を自分の意思で止められなくなる悪魔の所業

 

● 女子が心の内をペラペラ打ち明けだす人生相談会話術

 

● 警戒心を無効化して心に侵入する3段階ボディタッチ

 

● 女子に嫌われずに自然に身体と心を密着し続ける方法

 

● ベタベタ身体を触っても女子が嫌がらなくなる心理誘導法

 

 

こうしたステップを踏んでいくことで、
徐々に女性との身体とこころの距離を縮めていきます。

 

「ねぇ」

さらに、

 

● 誰も教えてくれない飲酒女子の正しい口説き方

 

では「女性への好意」の正しい伝え方を知ることができます。
それはズバリ「××る」というアクションだったんですね。

 

 

● 持ってもいない特別男子オーラを今日だけ錯覚させる方法

 

「私の周りにいる普通の男性とはちょっとだけ違う、少し特別なヒト」
・・・と、女性に思われるオトコってどういうオトコか分かりますか?
ちょっと知恵を使うだけで、そういう一握りのオトコだけが持っている
特別なオーラを感じさせることもできちゃうんです。

 

 

● 彼氏持ち女子&人妻の心のたがを緩めるチョイ悪選手宣誓

 

相手の女性が明らかに彼氏持ちだったり人妻だと事前に分かっているときには、
その女性の心のガードを外してしまう、ちょっとズルイ方法まで教えてくれています。

 

●マジメ女子ほど股を開く未来予想図巻きこみ時限爆弾

 

この仕掛けを使うと、相手が「ワンナイトラブなんて絶対ダメ」みたいな
マジメな女子であったとしても、今日セックスできる可能性をグンと底上げすることができるんです。

 

 

ここでワンポイント!

●食欲と性欲の関係

 

 

居酒屋

2人でデートする時、
男はガンガン食べた方が良いようです。
男性がとにかくバクバク食べる。

 

それにはちゃんと理由があって、
まず第一に、元気良く、バクバク食べる男の姿に、
女性の本能である「メス」の部分が反応します。

 

女性の本能が、肉体的、健康的な意味での性的魅力を、
そこから読み取ってしまうからなんですね。

 

そしてもう1つ。
「女性に食べさせ過ぎない」という狙いも兼ねてます。

 

ヨーロッパの修道院では、修道僧たちが毎日大量の牛乳を飲むそうです。

 

こうして、常にお腹を満たしておけば、修道女たちの性欲を抑えられるのだとか。
腹内側核といって、女性の脳内では、食欲と性欲をつかさどる部分が同じらしいです。
(男はこれが別なんですけれど)

 

オーダーする女性

性欲と食欲っていうのは、まさに天秤のような関係にあって、
食事が満足に食べられない時ほど、
動物としての生存本能が強くなり性欲が高まります。

 

貧しくで食糧難の国ほど子供がたくさんいて、
飽食の国ほど少子化が進んでいる・・・

 

日本もそうですよね。

 

ともかく、お腹をいっぱいに膨らませてしまうと、
それだけ女性の性欲は衰えます。

 

だから、デートの時に女性はなるべくお腹を満たしてしまわない方がいいんです。

 

スキっぱらにアルコールを飲ませて料理は男がどんどん食べてしまう。
そして、その豪快な食べっぷりで女性の本能をくすぐっておくというのが、
女性の性欲までちゃんと計算に入れた「サシ飲みセックスアリジゴク」の流儀なんです。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

 

シーン4:店を出て二人きりの場所へ連れ込む

 

ここでは、ふたり飲みを終えてお店を出て、
二人きりの場所へ連れ込む際に必要な行動について解説されています。

 

 

ホテルへ連れ込む

 

 

二人で飲んでいるときはイイ雰囲気になっている気がするんだけど、
なぜか「ごちそうさまでしたー」なんてとっとと女性に逃げられてしまう、
何とか上手く引き留めたいんだけどその方法が分からないという方のためのマル秘テクです。

 

 

● 本当に断られない、二人きり密室へのアリジゴク誘導法
● どんなマジメ女子でも自宅に吸い込む無敵マリオ状態とは

 

お店を出た二人。これから女性を二人きりの場所に連れて行きたいワケですが・・・
どんなアプローチをすれば良いか、すべて公開されています。

 

● ホテルに連れ込む際の100点満点の誘導法

 

結婚してるから女性を家に連れ込む訳にはいかないとか、
女性にあなたの家を知られたくないとか、様々な事情で、
女性を自宅ではなくてホテルに連れ込みたいという方のための、確実なホテル連れ込み術です。

 

 

● 「ヘンな事しない?」に対する、たった1つの100点回答

 

女性が必ず言うセリフ・・・
「ヘンな事しない?」「絶対しない?したら嫌いになるからね?」

 

この問いに対する100点満点の回答が書いてありますので、覚えておきましょう。

 

 

 

シーン5:女子にセックスを意識させながら淫らな気持ちに誘導する

 

 

ここでは、二人きりの場所へ連れ込んだ後に
いよいよ、どうすれば「酔った勢いセックス」を発生させられるのか、
具体的な追い込みアクションが伝授つれます。

 

いよいよセックス

このマニュアルを実行していく上で最も重要なのは、
女子をドキドキムラムラさせて、想像させて、
興奮させて、性欲をわかせるということ。

 

付き合ってもいない女子にいきなり
「セックスしよう」なんて言っても、
女子はそうそうOKしてくれません。

 

たまたまその女子の貞操観念がユルユルだったりしたら
話は別でしょうけどね。

 

密室に一緒にいる女子をセックスに持ち込むには
ちょっと知恵を使う必要があるという訳です。

 

うまく女子との距離を詰められない、エッチへの持ち込み方が分からないあなたに
特に効き目があるこの章のノウハウ、ぜひ自然なカタチで何度でも「サシ飲み、即セックス」を仕掛けられるように
練習しておきたいですね!

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

Saiのサシ飲みセックスアリジゴクを【ホンネで評価】します。

 

では、Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」の内容や効果について
ホンネで評価していきたいと思います。

 

 

 

「アルコールの力を借りてセックスするなんて、オレは邪道だと思うなぁ」…

 

そんな声も聞こえてきそうな気はしますが、それはそれでひとつの考え方。

 

 

ただ、ここで確認しておきたいことは
「サシ飲みセックスアリジゴク」のワザは、決して「アルコールの力だけ」で
女の子を酔いに任せてヤッちゃえ、というものではないということです。

 

グラスで乾杯

 

もし、その程度のことであればノウハウなんて必要ありませんよね?

 

「とにかく無理やり飲ませて」「ベロベロに泥酔させて」
「意識がないうちにヤれ」、この程度の話になっちゃうわけです。

 

ただし、それは「強制性交罪」(旧:強姦罪)
もしくは「準強制性交罪」という立派な犯罪になりますから
前科者になるのを覚悟の上で、虚しいセックスに及ぶことになります。

 

万一犯罪にならなかったとしても、その女性とは二度と顔を合わせることすら
難しい状況になってしまうでしょうね。

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」のすごさは、

 

アルコールの力を借りて

 

●知り合いレベルで、恋愛感情はない。
●友達だけど、エッチの対象にはみられていない

 

つまり、あなたと「エッチする理由がない」「エッチするつもりのない」女性と
なぜかエッチできてしまうという、ゾクゾクような非常に「戦略的」なマニュアルに仕上がっている点にあります。

 

 

 

女性は、男のように「なんとなくセックスしてしまう」ということはほとんどありません。
理由のないセックスは、まずありえないんですね。

 

意識のないうちに・・・

その大きな壁になっているのが、女性の「理性」です。

 

●ただの友達だから。
●まだ知り合ったばかりだから。
●そんなに軽い女じゃないから。
●自分には彼氏がいるから。

 

こうした「理性」がハードルになって、
我々のスケベ心は跳ね返されてしまうわけです。

 

しかし、ここにうまく、
戦略的にアルコールの力を取り入れることによって

 

●女の子の理性のハードルを取り払って
●性欲を引きづり出してムラムラさせて
●「この人とエッチしてもいいんじゃないか」と思わせる。

 

股間

つまりアルコールを使って、知らず知らず彼女の中に
「体を許してもいい」という思い込みを植え付けてしまうテクニックなんです。

 

このマニュアルには、おそらく誰も考えたことがないような
「目からウロコ」のえげつないテクニックがゴロゴロ書かれています。

 

それを全部理論的に書き上げたSai氏は、さすがのプロフェッショナルです。

 

 

こうなると、
一緒にお酒を飲むことさえ出来れば、もうセックスできたも同然」
という自信満々のレベルにもっていけるのが恐ろしい(笑)。もう、ほぼ無敵。

 

どんな女のコとも、いつでもセックスできるというのは、
つくづく「戦略」がなければ無理なことだと痛感しました。

 

 

バスタオル ベッド上

 

もしあなたが・・・

身近に、アルコールの力を借りてでもエッチしたいオンナのコがいる。
ときどき一緒にお酒を飲むけど、セックスまでは持ち込めない女性がいる。
自分なりに、女の子と確実にエッチできる成功(性交)パターンをもっていたい。

と感じているなら、きっと手にして損のないマニュアルだと思います。

 

セフレを量産する?
その中から、本当の彼女を見つける?

 

読めばウズウズして、必ず試してみたくなるはずです。

 

 

 

 

 

「酔った勢いでのセックス」を成功させる「心理学に基づいた」会話テクニック教材

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」の内容自体は、
女性と楽しい雰囲気でお酒を飲みつつセックスに誘導するという、決して犯罪的な内容ではないのですが
それでもやはり、使い方を間違えたり勘違いしたりすると危険も伴うため、
念のために注意点についても触れておきたいと思います。

 

酔った勢いで女性をセックスに誘い込む…

 

それは「無理やりセックスする」ということを意味していません。
心理的・物理的に女性を抵抗できない状態にしてセックスすることは「準強制性交罪」という犯罪に問われる可能性があります。

 

「そんな犯罪的なマニュアルを販売していて大丈夫なのか!?」と不信感を抱く方がいるかもしれませんが、
Sai氏は「サシ飲みセックスアリジゴク」をそういう意図で書いているわけではありません。

 

【準強制性交罪(旧:準強姦罪)とは?】・・・法律専門家のサイトから引用します。
準強制性交罪は,心神喪失又は抗拒不能の状態の女性を姦淫した場合に成立します。

では,「心神喪失」「抗拒不能」とはどういう意味でしょうか。 「心神喪失」とは精神的な障害によって正常な判断力を失った状態のことを, 「抗拒不能」とは心理的または物理的に抵抗ができない状態のことをいいます。 つまり,抵抗することが不可能又は極めて困難な状態にある女性を姦淫した場合に,準強制性交罪が成立することになります。実際の事件では,睡眠中や酩酊状態の女性が, 被害者となることが多くあります。

 

「心神喪失」「抗拒不能」=抵抗することが不可能又は極めて困難な状態
では,夜通し居酒屋などでウーロンハイや焼酎を数杯飲み, 飲酒と眠気の影響により判断力が低下した状態の女性と,明け方に性交した場合,準強制性交罪は成立するでしょうか。 酩酊状態であったか,睡眠状態であったか,ということだけがポイントではなく, あくまでも 抵抗することが不可能又は極めて困難な状態であったかどうかがポイントとなります。 そして,そのような状態であったかどうかは,被害者の性交前後の行動から推察されます。

 

最後の一文を見てください。

酩酊状態であったか,睡眠状態であったか,ということだけがポイントではなく, あくまでも 抵抗することが不可能又は極めて困難な状態であったかどうかがポイントとなります。 そして,そのような状態であったかどうかは,被害者の性交前後の行動から推察されます。

 

つまり、女性のセックス前の行動が「この人とエッチしてもいいかな」と思わせるものであり、
セックス後も「この人とセックスしたことを後悔していない」という状況でさえあれば問題ないことになります。

 

少し、ざっくりとした言い方になってしまいますが
この教材は決して「強姦を勧める」ものではなく
「女性も納得してしまう」サシ飲みセックスの方法を非常に細やかに解説したマニュアルなんです。

 

楽しいサシ飲み

 

そのためのポイントは

・サシ飲みで女性にどれだけ楽しい時間をプレゼントできるか。
・いかに「この人好きかも」「この人とならエッチしてもいいかも」と思わせるか。
・実際にエッチで満足させて「またこの人とセックスしたい」と思わせることができるか。

ということになります。

 

もし、これらのポイントで女性から良い印象を得られなかった場合…

 

つまり

・一緒にサシ飲みしても、ちっとも楽しくなかった
・ちっとも男性としての魅力を感じなかったし、エッチなんてありえない人
・セックスが下手くそで全然気持ちよくなかった。二度としたくない

といった評価を受けてしまったとしたら
「私はそんなつもりじゃなかったのに無理矢理セックスされてしまった」というネガティブな感情を抱かせることになりますから
「サシ飲みセックスアリジゴク」の手法をきっちり身につけておく必要があるわけですね。

 

Sai氏も言っていますが、最大のポイントは「この人とならいいかな」と思わせること。
これさえあれば、少なくとも犯罪者扱いされることも訴えられることもまずありえません。

 

そういう意味では、決して女性に媚びる訳ではありませんが
お酒の力を借りつつ女性にとって居心地の良い環境をつくることが大切になってくるんですね。

 

くり返しになりますが、女性に「この人とセックスしたくなかった」と感じさせてはいけないからです。

 

こういうと、やたらハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、
そのハードルを下げるためにあるのが「サシ飲みセックスアリジゴク」ですからね。

 

つまり、「この人とならセックスしてもいいかな」と思わせて、
シラフの時ならエッチ直行はないかもしれないけれど、
お酒の力で彼女のムラムラを増幅させて、そのままベッドに誘い込む、ということです。

 

女性とサシ飲みできる環境があったり、サシ飲みできる友達関係の女性がいるのならば、
このマニュアルを「アルコールでセックスを誘発するバイブル」として持っておいて損はないと感じました。

VIP特典付きの「サシ飲みセックスアリジゴク」お申し込みは・・・

 

当サイト経由でお申込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

クンニ教材 潮吹き教材

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

VIP特典

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みする

 

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」への管理人の口コミ

 

身近にセックスしてみたい女性がいるならば、
買って後悔の少ない、納得のノウハウです。

 

Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」は、
一般的な恋愛教材のように「モテる男になる」ということをテーマにしたマニュアルではありません。

 

このマニュアルの目的とするところはただ一つ。
「気にいっている女性をサシ飲みに誘って、そのままベッドへ連れ込む」

 

男の願望丸出しでゲスな言い方をすれば、
「女性を酔わせてヤッちゃう」って事です。
そして、その成功率を格段にアップさせる戦術を伝授するマニュアルです。

 

サシ飲み 乾杯

 

ただ、願望として「酔わせてやっちゃう」のを妄想するのは一向に構わないのですが、
酔った上での強引なセックスは「準強制性交罪」(旧:準強姦罪)として女性から訴えられる恐れがありますし、
仮に法的にどうこうはないにせよ、女性にマイナスイメージを植え付けるような行為をすれば
二度とその女性に顔を向けることすらできなくなってしまいますよね。

 

そうした「サシ飲み〜セックス」の流れの中で、マイナスとなる要因を取り除き
むしろ、女性から好感を持ってもらったうえでセックスまで持ち込む・・・
それがこのマニュアルの伝えるノウハウです。

 

つまり「酔った勢いで、無理やりセックスされてしまった」という被害者意識を持たせず
「なんであたし、酔った勢いでしちゃったのかなぁ」
「まぁ、●●さんなら、されちゃっても仕方なかったのかなぁ」
「だって、酔ってたから・・・お酒のせいだから仕方ないよね」
という、ある程度の納得感で受け止めてもらうための方法、ということになります。

 

「なんだか、そんな感じで納得されるのもツラいなぁ」とあなたは思うかもしれませんが、
実は、このテクニックを知っているのと知らないのとでは大きな違いがあるわけです。

 

世の中で常識的とされるパターンは「付き合ってからセックスする」、ですよね。

 

でも、このこのパターンを清く、正しく守って生きていった場合、
一人の男は、いったい人生で何人の女性と関係を持つことが出来るのでしょうか。
(もちろん、風俗などは除いて)

 

おそらく、ルックス抜群のモテ男でもない限り
その数はかなり寂しいものになってしまうんじゃないでしょうかね。

 

告白をして、付き合ってからセックスするという方法は、
女性側の判断に委ねる部分が多くなりますから、
ベッドにまで到達する確率はどうしても運頼みになってしまいます。

 

でも、セックスしてから告白して、付き合うという方法であれば、
よっぽどあなたが嫌われていないかぎり、確率は大きくアップしますよね。

 

女性は、一度セックスをした男に対しては
二度目のセックスを拒否する理由がほとんどなくなってしまいますし、
なにより「一度きりのセックスで捨てられた」ことになっては、自分のプライドが大きく傷つくからです。

 

巷のモテ男たちは、この「セックスしてから付き合う」のパターンで人生を楽しんでいます。

 

ルックス抜群のイケメン男なら、女性たちのセックスへのハードルはぐんと下がるでしょうし、
モテ会話術を身につけた男でも、女性を言葉巧みにホテルに連れ込むことはできるでしょう。

 

だは、イケメンでもなく、モテ会話も身についていない男はどうすればいいのか・・・
はい、そのとおり。
「お酒の力を借りちゃおう」というわけです。

 

ベッドに横たわる女性

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」の方法は決して女性に対して媚びる必要はありませんが
女性を楽しませて、居心地のよい状況を作ることだけは求められます。

 

かと言って、特別な会話術が必要なわけではなく、
日常的な会話力と、ほんの少しの「サービス精神」さえあれば問題はないでしょう。

 

女性への接し方が全くわからないとか、女性との会話が全然できない、
または、女性を楽しませるなんて面倒だ、というサービス精神ゼロの方は購入を見送った方がよさそうです。

 

男にとって、身近にいる女性とセックスしたいという願望や、
酔った勢いでヤッちゃうというのはなんとか方法論を知りたいジャンルですし、

 

お酒を使ったテクニックは時代に左右されず、一生もので使えるテクニックになります。

 

身近に気になる女性がいるなら、
知っておいて決して損のない、必須の知識だと思います。

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク