サシ飲みの酒と食事について

セックスと「酒・食事」には深い関係がありました。

 

●食欲と性欲の関係

 

 

居酒屋

2人でデートした時。食事はガンガン食べた方が良いようです。
男性がとにかくバクバク食べる。

 

それにはちゃんと理由があって、
まず第一に、元気良く、バクバク食べる男の姿に、
女性の本能である「メス」の部分が反応します。

 

女性の本能が、肉体的、健康的な意味での性的魅力を、
そこから読み取ってしまうからなんですね。

 

そしてもう1つ。
「女性に食べさせ過ぎない」という狙いも兼ねてます。

 

ヨーロッパの修道院では、修道僧たちが毎日大量の牛乳を飲むそうです。

 

こうして、常にお腹を満たしておけば、修道女たちの性欲を抑えられるのだとか。
腹内側核といって、女性の脳内では、食欲と性欲をつかさどる部分が同じらしいです。
(男はこれが別なんですけれど)

 

オーダーする女性

性欲と食欲っていうのは、まさに天秤のような関係にあって、
食事が満足に食べられない時ほど、
動物としての生存本能が強くなり性欲が高まります。

 

貧しくで食糧難の国ほど子供がたくさんいて、
飽食の国ほど少子化が進んでいる・・・

 

日本もそうですよね。

 

ともかく、お腹をいっぱいに膨らませてしまうと、
それだけ女性の性欲は衰えます。

 

だから、デートの時に女性はなるべくお腹を満たしてしまわない方がいいんです。

 

スキっぱらにアルコールを飲ませて料理は男がどんどん食べてしまう。

 

そして、その豪快な食べっぷりで女性の本能をくすぐっておくというのが、
女性の性欲までちゃんと計算に入れた「サシ飲みセックスアリジゴク」の流儀なんです。

 

 

●お酒について

 

 

ほろ酔い

「サシ飲みセックスアリジゴク」のメインテーマである
「お酒を飲むとセックスがしたくなる」という女性がいるように、
お酒そのものにも催淫効果があります。

 

冷静に考えて、お酒以上に効果の高い媚薬はありませんよね。

 

仮にあったとしても、それはちょっと強すぎて、
素人が欲望に任せて、こっそり飲ませて良いものではないし、
相手の命に係わったり、そもそも犯罪行為であったりします。

 

たまに「媚薬のレシピ」みたいなものが出回っていますが、
ああいうものはまず効果がありません、当然ですが。

 

お酒でさえ、人によっては体質に合わず、
ちょっと飲んだだけで気持ち悪くなったり、
眠っちゃったりする女性もいますからね。

 

念のためお伝えしておきますが、「サシ飲みセックスアリジゴク」でも
飲ませ過ぎることを推奨しているわけではありません。

 

もちろん、女の子の体を気遣って「良くない」ということもあるのですが、
単純に、「サシ飲みセックスアリジゴク」のテーマである『性欲』という観点から見てもよくないことなんです。

 

連れ込み

男女ともにそうですが、
性欲がピークになるのは「ほろ酔い」の状態です。

 

男だって飲み過ぎると肝心な時に使い物にならなくなりしますもんね。
そして女性も、飲み過ぎると「エッチな気分」どころではなくなります。

 

お酒を飲ませる目的は、ホロ酔い気分、
お酒を飲んでて「気持ちイイ」と感じる領域にして『性欲』を高めることにあります。

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」では
なんでもかんでも、無理やり飲ませて、泥酔させて、連れ込んで、とか、
そういうゲスな方法を伝授しているわけではありません。

 

泥酔させて意識もないままに連れ込んではいけませんからね。

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

 

当サイト経由で「サシ飲みセックスアリジゴク」をお申込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

VIP特典

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みする