Saiの「サシ飲みセックスアリジゴク」を実際に買ってみました。

 

 

気にいった女性がいたら、ひとまずセックスしてみるという選択肢。

 

 

サシ飲みセックス

「一緒に飲んでただけなのに、どうして私、こうなっちゃったんだろう…」

 

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」を購入しました。

 

 

テキスト表紙

気になる女性とは、とりあえず「サシ飲み」して、
片っ端からセックスする、という明快なコンセプト。

 

 

それだけでもかなりハッピーだけれど、

 

その中から、最高に気に入った女性を
自分の彼女にすることができればさらにハッピー、ですよね?

 

しかも、女性をだましたり、
女性から恨まれるようなことが絶対にない方法とは?

 

※タイトルはちょっとおフザケ気味だけど、
とても論理的、実践的、今夜さっそく試してみたくなる、
「サシ飲みセックス」量産マニュアルです。

 

 

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

当サイトでは、メディア出演などでも有名なプロのナンパ師、Sai氏が公開した恋愛マニュアル
「サシ飲みセックスアリジゴク」を実際に購入して、その内容や方法・効果などについて
出来る限りくわしくお伝えしていきます。

 

男にとって
「身近にいるオンナ友達と片っ端からセックスしてみたい」
・・・というのは本能的な欲望ですよね。

ピンクの下着の女性

 

 

その欲望を現実にして、セフレの量産はもちろんのこと
自分にとって最良のパートナーを見つけることも可能・・・という
虫のよすぎるコンセプトで作られたこのマニュアル。

 

果たして、あなたにとって本当に必要なものなのか、
もう数分だけこの先を読み進めてみてくださいね。

 

 

 

 

特別なプレゼントをご用意しています。

 

現在有料で販売中の人気教材を含むVIP特典をプレゼントさせていただきます。

 

VIP特典を確認する

 

 

 

あとでこのページをじっくりご覧になりたい方は「お気に入り登録」しておくと便利です。

 

 

公式サイトをすぐに確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

どんなマニュアルなのか?

 

 

「酔わせて、ヤっちゃう」・・・そんな男の願望を

 

理論的に突き詰めた唯一のマニュアルです。

 

 

 

【教材の概要】 マニュアル本編 293ページ

 

※マニュアルの一部。丁寧に作りこまれています。

 

テキストの一部

 

 

「サシ飲みセックス」が使えるシチュエーションは無限かもしれません。

 

居酒屋デート

 

男女のコミュニケーションの中で「夕食を一緒に食べる」「ちょっと軽く飲む」という機会は
それこそ数えきれないほど発生する可能性がありますよね。

 

別にモテモテ男子じゃなかったとしても、また、ふたりの関係がどのようなものであっても
わりと普通に起こりうるシチュエーションだと思います。

 

・合コンでうまく連絡先をゲットできた女の子と再会、とか
・お見合いパーティーでいい感じになった女の子と約束した、とか
・友達から紹介してもらった女の子と初めて会う、とか
・普通に友達として接している女性と「ちょっと飲む?」とか、
・会社の同僚や後輩のOLさんと「メシでも一緒に食う?」とか、
・取引先の気になる女性を食事に誘ってみた、とか、
・何かの宴会の帰りに、ふとした流れで「もう一軒飲んでく?」とか、
・同窓会で再会した、かつての憧れのコと「もう少し話がしたいな」とか、
・後輩に相談事や悩みを持ちかけられて「じゃ、ごはんでも食いながら」とか、
・近所の祭りや催しの打ち上げから、気に入った人妻をもう一軒誘ってみる、とか・・・

 

考え出したらキリがないほど、「食事&お酒」というチャンスは、
自分で作ることも、勝手に出来上がっちゃうことも多々あるわけです。

 

つまり、「サシ飲み→セックス」というノウハウを身につけておいたとすると
それを活用できる機会も無限に広がることも意味しています。

 

そもそも、食事に付き合ってくれるという時点で
少なくとも「キライ」「気持ちワルイ」「生理的にダメ」とは思われてないんですから(笑)

 

例えば「遊園地に行く」「ドライブする」「映画を見に行く」というのは、
デート感が強いイベントなので、女性を誘うのにそれなりのハードルの高さを感じますが、
「夕食&お酒」はもっとライトな感覚で二人だけの空間を作れますよね。

脱がせたらどんな感じ

 

知り合い、友達程度のオンナの子でも
「このコ、脱がせたらどんな感じかな」
「このコのアソコってどんなふうただろう」
「このコ、どんな喘ぎ声を出すのかな」
なんて、妄想が走る時はありますよね。

 

そんな時に、妄想を最速で実現させるテクニックとして公開されたのが
Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」なんですね。

 

 

ノウハウ提供者・Sai

 

決して女性をだましたり、悲しませたりしないのがモットー。
女性から恨みに思われたり、軽蔑されたりもしない・・・
それどころか、女性を喜ばせ、本当に好かれるノウハウをリリースしている本物のプロ。

 

だめんず・うぉーかー

彼の公開するノウハウは、
ごく初歩的な心理学を聞きかじって、
それを大げさに書き綴ったような
「机上の空論」マニュアルではありません。

 

倉田真由美さんのマンガ
『だめんず・うぉーかー』にたびたび出現していた
プロのネットナンパ師、Sai氏が長年にわたって実践し
今現在も使っているホンモノのテクニックを記した
「実用書」です。

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みセックスする

 

 

 

 

●最高の女性を自分のモノにできる可能性?

 

 

たいていの男女関係の場合、「いいな」と思った女性をなんとか口説いて
何度もデートに誘って、何度も食事をおごったり、プレゼントしたり・・・
少しずつ距離を縮めて、好意を持ってもらったうえでようやくセックスすることを許される・・・

 

こういうのが通常パターンですよね。

 

バストへのタッチ

でも、そこまでたどり着ければかなりラッキーなケース。

 

多くの場合は、セックスにたどり着く前にフラれてしまったり
自然消滅してしまったり。

 

運よくベッドを共にすることができたとしても
意外にエッチの相性が悪くてガッカリさせられたり、
補正下着でごまかされていた、女性の本当の体型にアゼンとしたり・・・

 

こんなこと、何度も繰り返していたら、
時間もカネもどれだけ浪費することになるでしょうか?

 

つまり、「ちゃんと付き合ってから⇒セックス」というのは
ものすごく効率が悪いし、最高の彼女を手に入れられる確率はものすごく低いことがわかります。

 

一方、Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」は、
気に入った女性がいたら、ひとまずサシ飲みに誘ってそのままセックス。

 

好きなだけそれをくり返して、その中から本当に気に入った女性を彼女(セフレ)にすればいいという
なんともムシのいい、効率的なノウハウなんですね。

 

しかし、そんな都合のいい話って本当にあるんでしょうか?

 

 

 

●オンナのコがセックスする理由

 

 

下着姿

我々オトコの場合、女性とセックスしたいと思う理由は単純ですよね?

 

「好きだから」
「いい女だから」・・・

 

まぁ、それもあるんでしょうが、
ホンネを言ってしまえばそうじゃないですよね?

 

実際にはもっと基準がユルくて
大して興味のない女性に対しても

 

「キライなコじゃない」 & 「やれそうなシチュエーション」
という条件がそろえば、ぶっちゃけエッチしちゃいますよね(笑)?

 

オトコってそんなものです。

 

 

一方、女性の方はどうかといえば
基本的に「理由のないセックスは受け入れられない」のが大前提です。

 

オトコのように「キライじゃない」程度でセックスに走ることはまずないわけですね。

 

まず、一番は「好きだから」とか「異性として魅力を感じたから」「尊敬できるから」
という理由があげられるでしょうし、

 

もう少し打算的なら「お金を持ってるから」「イケメンだから」「人肌恋しかったから」
なんていう理由の場合もあるかもしれません。

 

若い女性

いずれにしても、
好きになってもらったり、魅力を感じてもらったり、お金を持ってたり
イケメンだったり、たまたま人恋しい時にそばにいたり・・・
という条件に当てはまらなければ
我々がセックスを許される可能性はすごく低いということになります。

 

これじゃあ、人生のうちに何回そういうチャンスに巡り合えるかわかりませんし、
自分にとって最高の彼女(セフレ)を得られる確率なんて
ものすごく低いと思いませんか?

 

でも・・・

 

たったひとつだけ、女性が大した理由なく
オトコに自分の身体を開いてしまう時があるのです。

 

それが・・・

 

 

●「酔っていたから・・・」という最大の言い訳

 

 

酔った勢いで、コレといった理由がほとんどないのに
男に抱かれてしまう女性というのは、やはり「少なくない!」のです。

 

 

ほろ酔いの女性

それは、

 

『私は「誰とでもセックスをするような、イイ加減な女」じゃあないの。
あのときは私もちょっと酔っぱらってたから、たまたましちゃったの。
私は悪くないの、お酒がいけないから、仕方ないよね・・・。』

 

という、理由にもならないような理由(笑)が
女性たちの中で成り立ってしまうからなんですね。

 

このマニュアルのメインテーマである
「お酒を飲むとセックスがしたくなる」という女性がいるように、
お酒そのものにも催淫効果があります。

 

冷静に考えて、お酒以上に効果の高い媚薬はありませんよね。

 

仮にあったとしても、それはちょっと強力すぎて、
素人が欲望に任せて、こっそり飲ませて良いものではないし、
相手の命に係わったり、そもそも犯罪行為であったりします。

 

たまに「媚薬のレシピ」みたいなものが出回っていますが、ああいうものはまず効果がありません、
当然ですが。

 

お酒でさえ、人によっては体質に合わず、
ちょっと飲んだだけで気持ち悪くなったり、眠っちゃったりする女性もいますからね。

 

念のためお伝えしておきますが、「サシ飲みセックスアリジゴク」でも
飲ませ過ぎることを推奨しているわけではありません。

 

もちろん、女の子の体を気遣って「良くない」ということもあるのですが、
単純に、「サシ飲みセックスアリジゴク」のテーマである『性欲』という観点から見てもよくないことなんです。

 

連れ込み

男女ともにそうですが、
性欲がピークになるのは「ほろ酔い」の状態です。

 

男だって飲み過ぎると肝心な時に使い物にならなくなりしますもんね。
そして女性も、飲み過ぎると「エッチな気分」どころではなくなります。

 

なんでもかんでも無理やり飲ませて、泥酔させて、連れ込んで、とか、
そういうゲスな方法を伝授しているわけではありません。

 

泥酔させて意識もないままに連れ込んではいけませんからね。

 

お酒を飲ませる目的は、ホロ酔い気分、
お酒を飲んでて「気持ちイイ」と感じる領域にして『性欲』を高めることにあります。

 

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」は、ここに狙いを定めて・・・

 

酔った勢いで、「お酒がいけないの」という女性たちと次々にエッチになだれ込む、
悪魔のようなしかし、ものすごく効率の良いセックスノウハウなんですね。

 

しかも、女性側にも「酔っていたから」という負い目があるので
オトコに対して恨みや憎しみを持つこともほとんどありませんから
我々オトコ側にとっても、ものすごく都合がいいわけです。

 

で、女性というのは、どんな理由であれ、
一度セックスをしてしまったオトコに対しては

 

「一度だけのセックスで捨てられた」と思いたくないために
むしろズルズルとその男との関係を続けてしまうという習性もあるんですね。

 

 

上半身裸

 

つまり、簡単に「セフレ化」してしまうんです。

 

なので、恋愛感情がなかろうと、とにかく何かの拍子(酒の勢い)で
一度セックスに持ち込んでしまう事が大切!

 

ひどい話といえばひどい話なんですが、ホンネでぶっちゃけ話をすれば
これが、安定したセフレを作るための一番の方法だったりするワケです。

 

オトコは、そのまま「セフレ」としての関係を続けることもできますし
その中から、本当に最愛の女性を見つけることが出来たなら
しっかりと自分の彼女、パートナーにすることもできるわけです。

 

 

つまり、

 

飲ませ方、酔わせ方、セックスへの持ち込み方を理解している
…そんなオトコは、セックスフレンドの量産やキープがとてもラクになりますし、

 

★ アルコールテクニックを極めたら、男子はほぼどんな女子とでもセックスできる。
★ 自分にとって最高の彼女を見つけられる可能性が非常に高いのが「サシ飲みセックス」。

 

というわけです!

 

 

●でも・・・

 

■ 本当に「サシ飲みから、即セックス」なんて可能なんだろうか?

 

■ そもそも、女性をサシ飲みに誘う方法がよく分からないよ?

 

■ なんとか誘えたとしても、彼女が酒をまったく飲まない人だったらどうするのよ?

 

矢印

 

 

こうした疑問にSai氏どこまで答えてくれるのか?
次のページから詳しく見ていきましょう。

 

次のページへ⇒ 教材の概要

 

 

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

当サイトだけのVIP特典付きのお申し込みは・・・

 

当サイト経由でお申込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

クンニ教材 潮吹き教材

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

VIP特典

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

片っ端からサシ飲みする

 

 

管理人のホンネの評価と口コミ

 

身近にセックスしてみたい女性がいるならば、
買って後悔の少ない、納得のノウハウです。

 

Sai氏の「サシ飲みセックスアリジゴク」は、
一般的な恋愛教材のように「モテる男になる」ということをテーマにしたマニュアルではありません。

 

このマニュアルの目的とするところはただ一つ。
「気にいっている女性をサシ飲みに誘って、そのままベッドへ連れ込む」

 

男の願望丸出しでゲスな言い方をすれば、
「女性を酔わせてヤッちゃう」って事です。
そして、その成功率を格段にアップさせる戦術を伝授するマニュアルです。

 

サシ飲み 乾杯

 

ただ、願望として「酔わせてやっちゃう」のを妄想するのは一向に構わないのですが、
酔った上での強引なセックスは「準強姦罪」として女性から訴えられる恐れがありますし、
仮に法的にどうこうはないにせよ、女性にマイナスイメージを植え付けるような行為をすれば
二度とその女性に顔を向けることすらできなくなってしまいますよね。

 

そうした「サシ飲み〜セックス」の流れの中で、マイナスとなる要因を取り除き
むしろ、女性から好感を持ってもらったうえでセックスまで持ち込む・・・
それがこのマニュアルの伝えるノウハウです。

 

つまり「酔った勢いで、無理やりセックスされてしまった」という被害者意識を持たせず
「なんであたし、酔った勢いでしちゃったのかなぁ」
「まぁ、●●さんなら、されちゃっても仕方なかったのかなぁ」
「だって、酔ってたから・・・お酒のせいだから仕方ないよね」
という、ある程度の納得感で受け止めてもらうための方法、ということになります。

 

「なんだか、そんな感じで納得されるのもツラいなぁ」とあなたは思うかもしれませんが、
実は、このテクニックを知っているのと知らないのとでは大きな違いがあるわけです。

 

世の中で常識的とされるパターンは「付き合ってからセックスする」、ですよね。

 

でも、このこのパターンを清く、正しく守って生きていった場合、
一人の男は、いったい人生で何人の女性と関係を持つことが出来るのでしょうか。
(もちろん、風俗などは除いて)

 

おそらく、ルックス抜群のモテ男でもない限り
その数はかなり寂しいものになってしまうんじゃないでしょうかね。

 

告白をして、付き合ってからセックスするという方法は、
女性側の判断に委ねる部分が多くなりますから、
ベッドにまで到達する確率はどうしても運頼みになってしまいます。

 

でも、セックスしてから告白して、付き合うという方法であれば、
よっぽどあなたが嫌われていないかぎり、確率は大きくアップしますよね。

 

女性は、一度セックスをした男に対しては
二度目のセックスを拒否する理由がほとんどなくなってしまいますし、
なにより「一度きりのセックスで捨てられた」ことになっては、自分のプライドが大きく傷つくからです。

 

巷のモテ男たちは、この「セックスしてから付き合う」のパターンで人生を楽しんでいます。

 

ルックス抜群のイケメン男なら、女性たちのセックスへのハードルはぐんと下がるでしょうし、
モテ会話術を身につけた男でも、女性を言葉巧みにホテルに連れ込むことはできるでしょう。

 

だは、イケメンでもなく、モテ会話も身についていない男はどうすればいいのか・・・
はい、そのとおり。
「お酒の力を借りちゃおう」というわけです。

 

ベッドに横たわる女性

 

「サシ飲みセックスアリジゴク」の方法は決して女性に対して媚びる必要はありませんが
女性を楽しませて、居心地のよい状況を作ることだけは求められます。

 

かと言って、特別な会話術が必要なわけではなく、
日常的な会話力と、ほんの少しの「サービス精神」さえあれば問題はないでしょう。

 

女性への接し方が全くわからないとか、女性との会話が全然できない、
または、女性を楽しませるなんて面倒だ、というサービス精神ゼロの方は購入を見送った方がよさそうです。

 

男にとって、身近にいる女性とセックスしたいという願望や、
酔った勢いでヤッちゃうというのはなんとか方法論を知りたいジャンルですし、

 

お酒を使ったテクニックは時代に左右されず、一生もので使えるテクニックになります。

 

身近に気になる女性がいるなら、
知っておいて決して損のない、必須の知識だと思います。

 

公式サイトを確認したい方は⇒ サシ飲みセックスアリジゴク

 

 

次のページへ⇒ マニュアルの概要

 

 

無料相互リンク